menu

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD

このレンズとの出会いは、初めてのカメラα7Ⅲを購入した時に最初のレンズ。
特に何か撮るものが決まっていなかった自分に焦点距離を選ぶ基準などなく、便利でなんでも撮影できて、それなりにフルサイズのボケも楽しめる初めての1本に最適なレンズ。このレンズのおかげで写真にハマることになったのは言うまでもありません。

赤坂迎賓館
あじさい寺
有楽町国際フォーラム
パッタイ

操作性★★★★★
あまりにシンプル。とくにボタンなどがついておらず操作に困ることはありません。

機能性★★★★
他の方のレビューにもありますが、AF(オートフォーカス)が若干迷うことがあります。といっても、実際は風景とかがメインであまり動きものは撮らないので全く気になりません。逆光に対してはゴーストは少し出ます。でも今はLightroomという素晴らしいソフトがあるので問題なしです(笑

携帯性★★★★★
以前に銀座ソニーストアでGM(ソニー純正の大三元GMレンズ)を触ってきましたが、それに比べると圧倒的に軽い。ちょっと長さはあるので、カバンにつけっぱなしで入れる時は入れにくいこともあるかな。

総評★★★★★
はっきり言って、α7Ⅲに初めてつけるレンズで、迷っていたら絶対にコレをお勧めします。なんせ純正に比べたらお値段が比較になりません。AF速度とかゴーストとか解像度とか3倍の値段のGMと比較すること自体違う気がします。(負け惜しみ) 

というわけで、自分の使い方なら、100点。文句の付けようがありません※プロではないので(笑。
Eマウント最初にどのレンズを買ったらいいか聞かれたら間違いなくこのレンズをオススメします。
あとはレンズのせいではないのですが、広角がやっぱり必要になると思います。28mmだと広々した写真にはならないですから。次のレンズは20mm前後の広角ですね。そしてその次は200mm以上の望遠。どんどん沼にハマっていく…。

関連記事

  1. はじめてのカメラ選び

    SONYα7Ⅲを購入した理由…

  2. SAMYANG AF24mm F2.8 FE

    このレンズとの出会いは、標準ズームの28−75mmで撮れない広角レンズを探す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

登録されている記事はございません。

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP