menu

SAMYANG AF24mm F2.8 FE

このレンズとの出会いは、標準ズームの28−75mmで撮れない広角レンズを探す旅から始まった。風景写真を主に撮影するのに広角でしかも軽くていつでも持ち出しやすいものを探していたところ、サードパーティのそれまで馴染みのないメーカーSAMYANG(サムヤン)から自分の用途にマッチしたレンズが発売された。購入までは色々と他のレンズと悩んだのだが、最終的には比較的リーズナブルな値段だったので試しに買ってみようと思ったのがこのレンズとの出会いである。

表現力★★★★
解放で撮ると周辺光量落ちがすごいです(笑
まあレンズ補正でなんとかなるのと、
現像でどうにかできそうなので問題ないです。
f4まで絞るとそこまで気にならなくなります。

携帯性★★★★★
間違えなく星5です。
これ以上求めるものはありません。

機能性★★★★
若干AFを迷うことがあります。→意外とそうでもなかったです。使っていると全然ストレスない。
あとはもう少し寄れたらよかったな。
でもどちらも許容範囲。問題なしです。

総評★★★★
この値段でこれだけ写れば十分でしょう。
間違えなくスマホでは撮れない写真が撮れます。
あとは、作品を撮るというよりは、日常を切り取るって感じのレンズでしょうか。
軽さは正義ですので、このレンズのおかげで間違えなくカメラの使用頻度は増えると思います。

関連記事

  1. TAMRON 28-75mm F/2.8 Di …

    このレンズとの出会いは、初めてのカメラα7Ⅲを購入した時に最初のレンズ。特に…

  2. はじめてのカメラ選び

    SONYα7Ⅲを購入した理由…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

登録されている記事はございません。

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP