menu

はじめてのカメラ選び

こんにちは。殿様バッタです。
いきなりですが、みなさんはカメラをどういう基準で選んでますか。
画素数、センサーサイズ、メーカー、価格など選ぶ基準はたくさんあります。もちろんお金さえあればとりあえず買ってみて、失敗したら買い直すってこともできると思いますが現実的には難しいですよね。数あるカメラの中からなぜSONYα7Ⅲを選んだのかを今回は書いて行こうと思います。

判断基準1 センサーサイズ

まず選ぶ基準として『センサーサイズ』があります。いろいろ自分で調べた結果わかったことを書いていきます。カメラにはセンサーというものがついていて、その大きさによって呼び方がちがうらしい。フルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズ下の図のような大きさの違いがあるようです。

f:id:grasshopper0106:20180509160329j:plain

センサーサイズによって強み弱みがあるみたいです。とりあえず、特徴をまとめてみます。センサーサイズによって画質、写る範囲、ボケ量の違いがあるようです。フルサイズ>APS-C>マイクロフォーサーズという感じで、基本的には全てにおいてフルサイズが有利らしい。
もちろんセンサーサイズに比例して重量は重くなり、価格も高くなるようです。

結論としてとりあえず迷ったらフルサイズ買っておけばOK。
「大は小を兼ねる」ともいいますし、特に撮るものが決まってない場合は、フルサイズから初めてみても良いのではないでしょうか。もちろん初めはマイクロフォーサーズやAPS-Cからステップアップしていく方法もあるとは思いますし、値段もフルサイズの方がやっぱり高いので、カメラ飽きちゃった時の痛手は少ないと思います。
ですが、これから一生の趣味でカメラをやろうと決めたのなら、フルサイズで引き返せない状況を作った方がいいように感じました。もちろん自分の性格(飽きっぽい)的なところもあると思います。皆さんはどうしますか?

判断基準2 一眼レフかミラーレスか

一眼レフカメラカメラの中にミラー(鏡)が存在し、その鏡をファインダーから覗く方式。要するに、カメラを覗いたときに見えているのは鏡に映った風景や人物ってことらしい。

ミラーレスカメラはカメラの中に本来あるはずのミラー(鏡)を排除し、ファインダーの中に小さいモニターを作ってそれを見ながら撮影する方式。要するに、カメラの後ろについてるモニターがカメラの中にも存在するってことかな。一眼レフのメリットは、肉眼で見ている風景や人物がそのままファインダー越しに見えているので自然であること。逆にミラーレスは、一度カメラが画像処理したモニターを見ているのでテレビの画面を撮影してる感じかな?なので色味とかが不自然。一眼レフのデメリットは、ミラーが内蔵されている分、デカくて重い。逆にミラーレスはコンパクトで軽い。 

勝手な結論としては、どんなものでも今一番の技術のものを買う。
今なら間違えなくミラーレスだと信じています。

結論、とりあえず2019年現在フルサイズミラーレスを買うのが一番幸せになれると判断しました。もちろん人それぞれ意見はあると思うのであくまで参考までに。予算に関しては今はローンという方法もあるのでちょっと無理してでも手に入れるようにしています。以前、カメラマンの方が言っていた言葉で「お金はあとでも稼ぐことはできるが、カメラで撮りたい瞬間は戻ることができない」ということを言っていました。それが後押しになり、SONYα7Ⅲを購入することになりました。

関連記事

  1. SAMYANG AF24mm F2.8 FE

    このレンズとの出会いは、標準ズームの28−75mmで撮れない広角レンズを探す…

  2. TAMRON 28-75mm F/2.8 Di …

    このレンズとの出会いは、初めてのカメラα7Ⅲを購入した時に最初のレンズ。特に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

登録されている記事はございません。

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP